大事なのは実用性があるかどうか

数多くの種類のクレジットカードが出回っております。選ぶ側からすれば、選択肢が増えて嬉しい反面、どれを選べば良いのか分からない自体になっています。現に私自身もどこのクレジットカードが良いのかを常に悩んでいました。当時の私はポイントの還元率を最も重視していました。もちろん、判断材料として決して間違いではないと思います。しかし、タイトルにも記載した通り、大事なのは「実用性があるかどうか」だと感じています。ポイント還元率が他のカードに比べて2倍以上あったとしても、ポイントを活用出来なければ全く意味がありません。クレジットカードの魅力は支払い金額に応じてポイントが付与され、そのポイントを使える事だと思います。如何に貯まったポイントを有効に使えるかが重要です。付与されたポイントの使用方法が日常的に使うものであれば、実用的ですが、ほぼ使わないポイントであれば全く意味がありません。クレジットカードを選ぶ際には是非とも実用性があるか否かで判断してみては如何でしょうか。