いざと言う時に役立つクレジットカード

クレジットカードを持っていて本当によかったと思ったことがあります。それは、持ち合わせのお金が足りなかった時です。友人の結婚祝いとして、食事を御馳走することになりました。地元でも有名高級フランス料理店の予約をしておき、当日はコース料理を注文しました。しかし、予定外なことが起きたのです。友人の旦那様がワイン好きで、お店オススメのワインを飲まれました。実は、そのワインが予想外にお高い料金だったのです。正直、御馳走するとは言ったものの、お金が足りるか不安になってしまいました。そして会計時、予想通りお金が足りなくて、心臓がバクバクしました。そんな時、ふとクレジットカードを持っていることを思い出したのです。普段使わないタイプだったので、すっかりその存在を忘れていました。おかげで、そのお店での支払いはクレジットカードで済ませることができました。クレジットカードは、いざという時に助けてくれる便利なアイテムだなと思いました。

おすすめのクレジットカード!

私のお勧めのクレジットカードは、CMでもお馴染みの楽天カードです。年会費は勿論無料ですし、今なら楽天カードを作るだけでポイントを大量に貰う事が出来ます。このポイントを使って楽天市場で買い物をするも良し、ポイントを利用出来るお店で買い物をするも良し。最近ではサークルKやサンクス、大丸、出光など、どんどんポイントを利用出来るお店が増えています。そこで楽天カードを利用してポイントを使ったり、貯めたりしてお得に賢く買い物する事が出来ます。楽天市場だけでも商品のレパートリーは多く、大抵の物は揃ってしまいますが、リアル店舗でもポイントが利用出来るのは嬉しいですね。CMも頻繁に見かけますし安心感があるのも嬉しいですね。

クレジットカードを選ぶ際のポイント

クレジットカードを持ちたいと思った時、あまりの選択肢の多さに辟易してしまうこともあるかもしれません。国内には100種類以上のクレジットカードがあるとされているため、前情報も無しに自分にあった一枚を選ぶというのはなかなか難しいものがあります。クレジットカードを選ぶ際、自分がどのように使うか明確な目的がある方はそれに特化したものを選択すれば問題ないかと思います。なんとなく買い物に使いたいといった場合には年会費が無料のものでも十分に事足りてしまうでしょう。年会費無料でもポイントの還元率が高かったり、カードを提示することで割引などの特典を受けることができるものなど日常生活をお得に過ごすことができるカードもたくさんあるのです。申し込みやすさなども加味して、自分にあった一枚に巡り会いたいものですね。

クレジットカードのポイント交換で商品券ギフト券は便利

クレジットカードで貯めたポイントを何に交換するか?というのは迷う人が多いのではないでしょうか?そういったときに商品券やギフト券はおすすめになる可能性があります。こういったものは多くのクレジットカードで交換が認められているものになると思いますけど、商品券やギフト券は自分のために使うこともできれば誰かに贈ることもできるでしょう。友達の誕生日プレゼントとかで、何を贈れば良いのか?分からないようなときに現金を渡すのは何か躊躇してしまうでしょうけど、商品券やギフト券ならば、とりあえず形にはなると思います。だから、そういったものに交換をしておくと自分のために使うこともできれば、いざというときにプレゼントの商品として使うこともできるので、便利ではないでしょうか?

イオンカードをメインカードにしています

イオンカードをメインにしています。年会費は無料。ポイントは基本的に200円で1ポイントで還元率は普通です。一般カードから始まりましたが、水道光熱費や電話代などの引き落とし設定にしておくことでゴールドカードにクラスチェンジします。ゴールドカードになるとイオンのイオンラウンジが利用可能になるのが便利です。ちょこっと休憩したいとき、ラウンジがあればカード提示で利用可能。飲み物とちょこっとしたお菓子を提供してくれます。わざわざお金を出さずにゆっくり休憩ができるのでありがたいですね。生活の中で使用し、急がない日用品や雑貨など安ければポイントアップの期間にイオンでお買い物するよう意識するだけで年間一万円分くらいはポイントが貯まるので交換手数料無料のWAONなどに交換し利用しています。今現在の生活の中で、使い勝手は良いと思っています。

クレジットカードの暗証番号

クレジットカードを利用する際、ネットで買い物する時はセキュリティコードの入力を求められます。実店舗でクレジットカードを使う時はサインばかりです。このような利用方法ばかりだったので、随分前に設定した暗証番号は全く使うことが無くすっかり忘れてしまっていました。しかし駅の券売機で切符を買おうと思ったら暗証番号が必要でした。暗証番号を忘れた私は、カードで支払うなら窓口に並ばなければならなかったのです。毎回これでは面倒なので、カード会社に問い合わせて暗証番号を郵送で送ってもらいました。その暗証番号は忘れていて当然の数字でした。当時付き合っていた彼氏との付き合い始めた日を暗証番号にしていたのです。とっくの昔に別れてしまっているので、暗証番号が分かってなんともいえない気持ちになりました。

クレジットカードを何枚も持つべからず?

クレジットカードはやっぱり複数持ちはまずいと思います。とくに私のようなものをよくなくす人間には、何枚もクレジットカードを持つのは大変危険なことだと言えるでしょう。だって実際に、この私ですらクレジットカードの不正利用の被害にあっていますからね。幸い、しっかりと会員対応をしてくれるクレジットカード会社でしたので、おかしなクレジットカード請求があったらすぐに電話をかけてきてくれたのですよね。ですから不正に請求された会社に対して、私はお金を支払わなくてすんだのですが、これが私のクレジットカード番号でショッピングをされていた場合は、私が使っていないのにも関わらず、私がお金を支払わなくてはならなかったかも知れません。ですからもう、クレジットカードを何枚も持つのは辞めようと思いましたね。私レベルの庶民でもよくわからない請求が海外からあるようなことにあってしまいましたので、管理できないカードを持つのは危険ですから。