まるで家計簿!?クレジットカード明細書

イオンカードを日常的に利用しています。年会費が無料のカードを他にも数枚利用していましたが、今はこれ一枚だけにカード断捨離しました。カードで買い物できる所は小額でもカード払いにすると明細書が家計簿代わりになってずぼらな私の反省書、確認書になります。キャベツ148円等、細かい金額は気にしない方にはおススメです。私はコンビニ、病院でも利用します。病院の支払いがポイント2倍デーだった時は明細を見てニンマリでした。イオンカードの支払い明細書には毎月サンキューパスポートという支払いのある人だけに入っているお得な割引券が入っています。残念ながら食品は対象外ですが、イオンでは、毎月20日30日のお客様感謝デーでイオンカード払いにすると食料品も含めて大体のものが5%引きになるので、急いで必要な物以外はこの日に買い物することにしています。

クレジットカードで原付バイク購入

大学生の頃アルバイトをしようと思ったのですが、しかし希望のバイトはかなり距離があって駅からも遠い場所でした。車も持って無いですし、そもそもとても貧乏学生だったのでお金はあまりありません。しかしバイトをしなければお金も入らないというジレンマの中、クレジットカードで安い原付バイクを購入したのです。これでどんな遠い職場でも行くことが出来ますし、行動範囲も広がって楽しくなりました。思いのほか遠くまですぐに迎えるので、隣町にもっと良いバイト先を見つけて時給もかなり良くて生活がらくになりました。クレジットカードを持っていたおかげで豊かに大学生活を送ることが出来ました。これからも急な資金に困った時は上手く使っていきたいです。

クレジットカードの利用限度枠について

 クレジットカードは、現金要らずで買い物が出来ますし、いざと言う時にキャッシングが利用できますので便利な存在であります。しかし、便利な存在であるこそ使いすぎには用心してください。 キャッシングの金額は、クレジットカード会社に申し出をすれば、キャッシング枠は無枠に設定したり、10,000円単位で設定出来たりもします。正直、普段の生活を送っていて1枚クレジットカードでキャッシング枠が月収以上あったりしますが、使い過ぎてしまうと返済にきつくなります。どうしても、キャッシングの枠が欲しい人は小遣い程度多くても5万円以内にして、その上にショッピング枠も小さく設定すればいいのです。申し込みの時に、カードの利用限度枠を申し出れば、大概融通を利かせて貰えますし、私も3枚のクレジットカードを利用していますが、キャッシング枠は、メインカードのみにし利用限度額は50,000円までにしています。その他のサブで使用するカードについては、キャッシング枠は儲けていません。カード会社も商売ですので、安定した収入がある証拠さえあれば、貸出枠を大きくしたりしますし、クレジットカードを頻繁に利用していて延滞がない顧客に対しては、利用限度額の枠の拡大の案内が来たりもしますよ。  

クレジットカードはポイントがたくさん溜まって得

クレジットカードを持ってみて一番良かった点は、ポイントがたくさん貯まることです。お金を現金で支払っても何の還元を受けることも出来ませんが、クレジットカードであれば支払った金額の一部をポイントとして溜められるので安心ですし、小銭を財布から取り出したりお釣りを受け取ったりする面倒な手間もかからずに支払えます。クレジットカードを選ぶに辺り、私が意識していることは年会費が無料という点や、ネットから利用の履歴や明細などが確認できるサービスを選ぶことです。最近はネットにて利用状況が確認できたり明細をチェックできるクレジットカードも増えてますし、入会金や年会費不要で維持費要らずで持てるクレジットカードもかなり多いです。ポイントも溜まりますし、ネットショッピングする場合も代金引換の手数料を減らせるのでクレジットカードはおすすめです。

クレジットカードの優越感と自尊心

クレジットカードの色(ステータス)によって、優越感を感じるどうのこうのと言っている人はいますよね。優越感を感じたいからこそ、「ちょっと無理をしてでもアメリカンエキスプレスのゴールドカードを持ちたい」ですとか、ブラックカードにものすごく憧れていたりですとか。けれども、生活費の支払いのほとんどをクレジットカードでしないのならば、やっぱり年会費の高いクレジットカードはもったいないと思うのですよね。しかし、クレジットカードの色はある種の自尊心というかステータスへとつながるのでしょうから、外野が何を言っても響かないところなのでしょうけれど。「クレジットカードの色で優越感を感じるのなんてバカ臭い」なんて思いつつも、自分もクレジットカードを出した時に「おお!」という反応をされると少し気分が良かったりしますので、全否定はできないのですけれど。

私のへそくり術

私は普通の主婦です。主婦は毎月のやりくりが大変で、もちろん、お小遣いは気持ち程度(貰えているだけ感謝ですが)です。しかし、化粧品も欲しいし、高価な物でなくてもオシャレしたいです。そんな時に、ZOZOTOWNのクレジットカードの存在を知りました。なんと!年会費は永年無料で、貯めたポイントで、ZOZOTOWNの洋服が買えるとのことです。私はすぐにカードの申し込みをしました。主婦でも簡単に審査に通りました。それからというもの、生活費の固定費の引き落としをすべて、ZOZOTOWNのクレジットカード払いに変更して、コツコツとポイントを貯めている次第です(笑)ポイントで購入するので、旦那にも罪悪感を感じずにすみます。そして、このへそくり方法が気に入ったので、楽天カードも作ってみようかと検討中です!

大事なのは実用性があるかどうか

数多くの種類のクレジットカードが出回っております。選ぶ側からすれば、選択肢が増えて嬉しい反面、どれを選べば良いのか分からない自体になっています。現に私自身もどこのクレジットカードが良いのかを常に悩んでいました。当時の私はポイントの還元率を最も重視していました。もちろん、判断材料として決して間違いではないと思います。しかし、タイトルにも記載した通り、大事なのは「実用性があるかどうか」だと感じています。ポイント還元率が他のカードに比べて2倍以上あったとしても、ポイントを活用出来なければ全く意味がありません。クレジットカードの魅力は支払い金額に応じてポイントが付与され、そのポイントを使える事だと思います。如何に貯まったポイントを有効に使えるかが重要です。付与されたポイントの使用方法が日常的に使うものであれば、実用的ですが、ほぼ使わないポイントであれば全く意味がありません。クレジットカードを選ぶ際には是非とも実用性があるか否かで判断してみては如何でしょうか。

コンビニで活用出来るクレジットカード

クレジットカードにはポイントが付くのが当たり前になっていますが、中には使いにくいポイントもあります。特定の通販サイトだけだったり、還元率が悪かったり、せっかくのポイントを生活の中で上手く活用出来ないということもあるのですが、日常生活で活用するならばコンビニで使えるポイントをおすすめします。現在発行されているクレジットカードの中には、コンビニで使えるポイントに還元可能なカードも多いので、貯まったポイントをコンビニの買い物で使用することが出来ます。普段ポイントを使い損ねている方も、コンビニならば日々のちょっとした買い物で利用出来るので、用途が見つからないということも無いでしょう。ぜひクレジットカードを徹底的に活用して、コンビニでお得に使用して下さい。

クレジットカードはポイントがたくさん溜まって得です

通信販売でのショッピングはクレジットカードが無い場合であれば、後払いをコンビニや銀行から行う手間が発生したり、代金引換をその都度行う手間がかかります。しかし、クレジットカードを利用すれば何度通販でショッピングしても支払いを毎月一度にまとめることが出来るのでお金の準備もその都度に行わずに済みますし、手数料や代金引換で小銭を受け渡しする手間なども一切無くすことが出来て、とても便利です。また、クレジットカードの最大の利点は、たくさんポイントを溜められる点です。現金で支払いをしても何の還元も受けることが出来ないですが、クレジットカードならポイントが非常に沢山貯まるので安心ですし、非常に得なので、私は普段からスーパーやデパートでの買い物もいつもクレジットカードを使っています。一括払いだけでなく、分割払いやリボルビング払いも出来るので、大きな買い物をする時も安心です。

クレジットカードは利用者限定のお得なことがいっぱい

クレジットカードが便利すぎて日常で当たり前のように使っていますが、最近は少額の買い物だけでなく久々に大きな支払いにも利用しました。事情があって引っ越すことになったとき、引越し会社でも使えることは知っていたけれど私のクレジットカードだと大幅な割引をしてもらえたのはラッキーだったと思います。数社だけの限定キャンペーンでしたが、支払いが4分の3になった上に荷造り用のダンボールのサービスまでしてもらい、クレジットカードの優待ってこういうこともしてもらえるんだと驚きました。このことを機にカード会社のサイトをよく見てみると、他にも今まで知らなかった色々な優遇キャンペーンをやっていることを知ったので、ますます現金から離れてクレジットカードを使うシーンが増えそうです。