クレジットカードの利用明細書を必ず確認しよう

私は毎月、クレジットカードの利用明細書が来たら軽くチェックし、これは一体何を買ったんだっけと思いだします。少し前のことなので忘れてしまうものもありますが、どこからいくら購入したかがわかるので大体は少しすればあれだなと思いだせます。実はこの行為、クレジットカードを利用するならとても大事なことなのです。もしあなたのカードが他人に悪用されていたとしたら、この確認を怠ると気付きませんよね。ずる賢いところでは、あえて高額なものではなく数千円の買い物をし、相手がそれに気付かないかどうかチェックしてから本格的に使うという事例もあるとか!こうなると本当に怖いです。どこかで自分以外の人間が勝手にカードを使っていないかを知るためには明細書の確認が必要不可欠です。

初めてのクレジットカード

私が初めて利用したクレジットカードは、楽天のクレジットカードでした。楽天のクレジットカードは、クレジットカードの中では審査がとても優しいという印象を受けたので、アルバイトをしていた私は思い切ってクレジットカードの審査に申し込みをしたんです。その結果、私の「もしかしたら審査に落ちてしてしまうんじゃないかな。」という心配をよそに楽天会社からクレジットカードの審査に合格した旨の通知が届いていました。

一番最初にクレジットカードを利用する時は、お店のレジでとても緊張していたのを今でも覚えています。「本当にここでクレジットカードが使えるかな?」「暗証番号じゃなくてサインでもいいのかな?」なんていう心配をしながら使っていました。クレジットカードにはまりそうになって金銭的に危ない時期もありましたが、今ではその経験が役に立ってクレジットカードと上手に付き合えるようになっています。

あまりカードを使わない人におすすめの楽天銀行カード

楽天銀行は代表的なネットバンクなので、ネットバンクを持っている人の多くが口座を持っていると思います。また、楽天銀行のクレジットカードは、楽天ポイントが貯まるのと、自分の口座から支払される安心のデビットカードですので、一緒に楽天銀行カードを発行して持っていると思います。もしあなたが頻繁にカードを使うならポイントが貯まりやすいゴールドが良いでしょう。もしあなたがあまりカードを使わないのなら、JCBの方が良いでしょう。楽天銀行カードのVISAとJCBの違いは2つです。1つ目は年会費です。VISAは年会費1000円で、JCBは年会費無料です。2つ目は使える店舗です。VISAの方がJCBより提携店舗が多い(特に海外)ので、JCBでは使えない場合があります。しかし、日本で使う分にはJCBでも十分に間に合いますし、何よりも年会費がかかるかかからないかは大きな違いなので、年会費のかからないJCBが良いでしょう。

クレジットカード枚数は最小限に

皆さんクレジットカードは何枚持っていらっしゃるでしょうか?よく行くスーパーやショッピングセンター、ガソリンスタンドや交通系のカード等々どこへ行ってもクレジットカード機能付きのカード入会を求められることが多いですよね。入会するとポイントがついたり、特典がもらえたりと一見魅力的に思えて入会したらカードが知らない間に増えていた、、、という方も多いのではないでしょうか。しかし、クレジットカードは最小限の枚数しか持たない方が良いのです。なぜならば、カード会社によっては年間の使用金額で翌年のポイント還元率がUPしたり、年間使用金額に応じてボーナスポイントをつけてくれるところがあるからです。そのような恩恵を享受するためには1枚のカードでまとめて支払いを行った方が効率的にポイントを貯められます。複数枚カードを持っている方は是非メインカードを決めて、そのカードでの支払いに一本化してみてはいかがでしょうか。

クレジットカードの種類と使い方

クレジットカードは様々な種類があります。クレジットカードにもランクがありますが一番最初に作る事が出来る低ランクのクレジットカードは無料で作る事が出来ます。フリーターでも主婦でも働いていれば作る事が出来るので、クレジットカードを作ろうと考えている人はオススメです。その次にシルバーカード、ゴールドカード、プラチナカードとランクがあります。プラチナカードは年会費は2万円からでカードの種類によって年会費は上下します。最高峰のクレジットカードでブラックカードがあります。私はブラックカードを使っていますが、カード会社の方からブラックカードを作りませんかと言われなければ作る事が出来ません。特典としてブラックカードで買った物が紛失した場合の金額が戻ってきたり良い特典があります。私が使っているのは年会費15万ほどですが、クレジットカードがあると便利さからすぐ使ってしまうので自分の身の丈にあったカードを作る事が望ましいです。

フリーターは注意して

大学を出てすぐ、就職活動に失敗してフリーターだった時期があったのですが、そのときにクレジットカードを作ろうとしたら査定に落ちてしまいました。作る前には、収入があれば大丈夫という話だったのですが、場合によるようです。申し込みの書類を書くのにも時間がかかるので、フリーターでクレジットカードが欲しいと思った場合、フリーターでも大丈夫か、収入はどのくらいまであれば通るのか、と具体的なことを聞いてから申し込む方が、時間を無駄にせず済むかと思います。ちなみに私は後に正社員で就職できたときにカードを作り、それは退職した今でも使えています。いつ職を失うかわからない現在ですので、今すぐ必要がないと思っても、就職が出来たらクレジットカードを一枚くらいは作っておくと良いかと思います。

まるで家計簿!?クレジットカード明細書

イオンカードを日常的に利用しています。年会費が無料のカードを他にも数枚利用していましたが、今はこれ一枚だけにカード断捨離しました。カードで買い物できる所は小額でもカード払いにすると明細書が家計簿代わりになってずぼらな私の反省書、確認書になります。キャベツ148円等、細かい金額は気にしない方にはおススメです。私はコンビニ、病院でも利用します。病院の支払いがポイント2倍デーだった時は明細を見てニンマリでした。イオンカードの支払い明細書には毎月サンキューパスポートという支払いのある人だけに入っているお得な割引券が入っています。残念ながら食品は対象外ですが、イオンでは、毎月20日30日のお客様感謝デーでイオンカード払いにすると食料品も含めて大体のものが5%引きになるので、急いで必要な物以外はこの日に買い物することにしています。

クレジットカードで原付バイク購入

大学生の頃アルバイトをしようと思ったのですが、しかし希望のバイトはかなり距離があって駅からも遠い場所でした。車も持って無いですし、そもそもとても貧乏学生だったのでお金はあまりありません。しかしバイトをしなければお金も入らないというジレンマの中、クレジットカードで安い原付バイクを購入したのです。これでどんな遠い職場でも行くことが出来ますし、行動範囲も広がって楽しくなりました。思いのほか遠くまですぐに迎えるので、隣町にもっと良いバイト先を見つけて時給もかなり良くて生活がらくになりました。クレジットカードを持っていたおかげで豊かに大学生活を送ることが出来ました。これからも急な資金に困った時は上手く使っていきたいです。

クレジットカードの利用限度枠について

 クレジットカードは、現金要らずで買い物が出来ますし、いざと言う時にキャッシングが利用できますので便利な存在であります。しかし、便利な存在であるこそ使いすぎには用心してください。 キャッシングの金額は、クレジットカード会社に申し出をすれば、キャッシング枠は無枠に設定したり、10,000円単位で設定出来たりもします。正直、普段の生活を送っていて1枚クレジットカードでキャッシング枠が月収以上あったりしますが、使い過ぎてしまうと返済にきつくなります。どうしても、キャッシングの枠が欲しい人は小遣い程度多くても5万円以内にして、その上にショッピング枠も小さく設定すればいいのです。申し込みの時に、カードの利用限度枠を申し出れば、大概融通を利かせて貰えますし、私も3枚のクレジットカードを利用していますが、キャッシング枠は、メインカードのみにし利用限度額は50,000円までにしています。その他のサブで使用するカードについては、キャッシング枠は儲けていません。カード会社も商売ですので、安定した収入がある証拠さえあれば、貸出枠を大きくしたりしますし、クレジットカードを頻繁に利用していて延滞がない顧客に対しては、利用限度額の枠の拡大の案内が来たりもしますよ。  

クレジットカードはポイントがたくさん溜まって得

クレジットカードを持ってみて一番良かった点は、ポイントがたくさん貯まることです。お金を現金で支払っても何の還元を受けることも出来ませんが、クレジットカードであれば支払った金額の一部をポイントとして溜められるので安心ですし、小銭を財布から取り出したりお釣りを受け取ったりする面倒な手間もかからずに支払えます。クレジットカードを選ぶに辺り、私が意識していることは年会費が無料という点や、ネットから利用の履歴や明細などが確認できるサービスを選ぶことです。最近はネットにて利用状況が確認できたり明細をチェックできるクレジットカードも増えてますし、入会金や年会費不要で維持費要らずで持てるクレジットカードもかなり多いです。ポイントも溜まりますし、ネットショッピングする場合も代金引換の手数料を減らせるのでクレジットカードはおすすめです。